Fandom

20世紀少年 Wiki

遠藤健児

8このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Kenji.jpg

遠藤健児(えんどう けんじ)

人物解説 編集

演:唐沢寿明田辺修斗(中学生時代)、西山潤(幼少)
〔悪魔くん、矢吹丈、悪魔のテロリスト、悪の大王〕
本作品の主人公。カンナの叔父。誕生日は8月20日。ケンヂが小学生時代に遊びで書いた“よげんの書”が、“ともだち”によって実行される事で事件に巻き込まれて行く。この事件により人類の危機にまで陥る事となる。少年時代の友人ドンキーの死の真相と彼の遺言を聞かされた事を切っ掛けに、“ともだち”の計画を阻止すべく、かつての幼なじみ達を結集し行動を起こす。
少年時代の夢は地球を守り、悪者に立ち向かうヒーローになることだった。中学時代にロックに目覚める。何かが変わる事を期待し、放送室をジャックし、昼休みの校内放送で「20th Century Boy」を大音量で流す。大学時代にチャーリー(後の春波夫)、ビリーと共にバンドを結成するが、成功を納める事なくバンドは解散、その後はコンビニエンスストアの経営者として、コンビニの本部教育員である大竹(演:徳井優)に注意を受けながらも母のチヨや姪のカンナを養い、平凡な生活を営んでいた。西暦が終わり世界存亡の危機となった時、ケンヂの歌が絶望に打ち拉がれた多くの人々の心をとらえる事になる。
“ともだち”によりテロリストの汚名を着せられ「血の大みそか」の首謀者に仕立て上げられる。「世紀の大悪人」として教科書にも載る事となる。「血の大みそか」の大爆発から命からがら逃げ延びる(生き残れた理由は実写版最終章で述べられている)。その後記憶喪失になるものの、西暦の終わりと同時に記憶を取り戻す。その後東京に向かう。その途中で蝶野将平と出会い、彼と行動を共にする。ともだち歴以降、ケンジの作った歌が人々の希望となる。
ケンヂを演じた唐沢は、「ケンジをもう少し情けない感じの男にしたかった」と語っている[1]
名前はミュージシャンの遠藤賢司に由来[2]。遠藤は映画版最終章にも出演している。その出演シーンでは、ケンヂ役の唐沢の証言によれば監督の堤幸彦と原作者の浦沢は「ロックの神様」である遠藤を前にしてガチガチに緊張していたという。

ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. 『週刊ファミ通』9月24日増刊『オトナファミ』October 2009 No.20、69頁。
  2. 雑誌『AERA臨時増刊号 AERA in FOLK 〜あれはロックな春だった!』2006年3月18日発売(朝日新聞社)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia