Fandom

20世紀少年 Wiki

落合長治

8このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

落合長治(おちあい ちょうじ)

人物解説 編集

演:豊川悦司澤畠流星(幼少)
〔ショーグン、3番、グレート・アントニオ猪木、ハルク・ホーガン〕
ケンヂの幼なじみであり、親友。秘密基地で“よげんの書”を作ったときのメンバー。“ともだち”のシンボルマークの考案者。小さい頃はギョロ目で「目玉のオッチョ」と呼ばれていた。
小さい頃から優秀で、メンバーの中ではケンヂと並ぶリーダー的な存在であった。中学受験をきっかけにケンヂたちとは小学6年生頃から疎遠になる。その後は順当に大学まで進学し一流企業に就職、やがて結婚をし、高度経済成長期のエリート街道を歩む人生を送る。しかし家庭を顧みないその働きぶりから家族とは疎遠になっていき、その事が原因で息子が事故死する。その後、商社マンとして駐在していたタイのジャングルで車の事故を起こすが、その際に修行僧と遭遇し、彼の教えを請うためにそのまま行動を共にした。一週間後に社会復帰をするが、直後に会社をやめている。その後、再び失踪をし一年後に僧侶の姿をしてチベットに向かうところをインドにて目撃されている。以降はバンコクにて「ショーグン」の名で裏社会の汚れ仕事などをしていた。
その後、“ともだち”の存在を知ったことや、助けたホステスが友民党の人間に粛正されたことで、ケンヂの呼びかけと共に帰国、以後行動を共にする。
「血の大みそか」の後、懲役300年の刑で海ほたる刑務所に投獄され、「3番」と呼ばれていたが、2014年(実写版では2015年)に角田とともに脱獄し、彼が常盤荘に戻るまでともに活動を行っていた。
修行時代の経験から麻薬などの幻覚作用に耐性を持つ。棒術を得意とし、その戦闘経験の豊富さからケンヂ一派でもその経験が発揮される事となる。
実写版では、“ともだち”の正体が発覚するタイミングが原作より遅いこともあって、小学校時代にヨシツネがナショナルキッドのお面を被るところを目撃していたことと、パレードで”ともだち”と対峙した際の会話より第2章終盤から最終章にかけてヨシツネが”ともだち”の正体ではないかと疑っていた。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia